FC2ブログ

お好み焼き 神戸式と大阪流の違い。

0hk-00R1109317.jpg

新ワカメと茹で蛸のあとは お好み焼きを二枚だけいただきます。薄焼きは神戸式で 厚焼きは大阪流です。違いは 厚み以外に 生地に後から具材をのっけるか 最初に混ぜるかです。

薄焼きは 火の加減を 頻繁に行うので シン鉄板プレートでは 今のところ無理なようです。なので ガスコンロと 薄い鉄板で焼きます。
hk-00R1109305.jpghk-00R1109307.jpg

今日は 定番のすじコンでなく 昨日の石焼鶏ビビンバの残りを。
hk-00R1109306.jpghk-00R1109265.jpghk-00R1109308.jpg

神戸式の薄焼きは まず生地だけを 弱火で薄く焼いて その上に具材をのっけて中弱火で焼きます。
hk-00R1109310.jpghk-00R1109311.jpg

具材の上に 生地を少し回しかけて ひっくり返します。
hk-00R1109313.jpg
hk-00R1109314.jpg
返したら中強火で 表面をパリッと焦がします。

hk-00R1109312.jpg

まずは 醤油でいただきます。
hk-00R1109315.jpghk-00R1109317.jpghk-00R1109318.jpghk-00R1109319.jpghk-00R1109321.jpg
まだ 厚いですね。何十年焼いても なかなか 習得までいきません。
二枚目は 生地に 卵とキャベツを入れて やや厚めに焼きます。大阪よりです。こちらはソースでいただきます。
hk-00R1109323.jpghk-00R1109324.jpghk-00R1109325.jpghk-00R1109326.jpghk-00R1109329.jpghk-00R1109331.jpg
どちらも おいしいです。ご馳走さま。