FC2ブログ

サトウ君と 蜂味噌ポークで シン鉄板焼き。

0st-00R1105470.jpg

五日前に仕込んだ 蜂味噌ポーク。南房の極甘キャベツ サトウ君と ステンレス鉄板焼きでいただきます。

五日前に 国産豚肩ロースを 蜂味噌に漬け込みました。
cm-00R1105114.jpgcm-00R1105113.jpg

今回の 蜂味噌は 辛味を目指したラインナップとなっていて 韓国の大蒜味噌と 鷹の爪が参加しました。
cm-00R1105104.jpgcm-00R1105105.jpgcm-00R1105108.jpg
あとは 白味噌と信州味噌の 合わせみそに。
蜂蜜と 三種の味噌と 鷹の爪を合わせます。
cm-00R1105110.jpgcm-00R1105106.jpgcm-00R1105111.jpgcm-00R1105112.jpgcm-00R1105115.jpgcm-00R1105116.jpgcm-00R1105119.jpgcm-00R1105120.jpgcm-00R1105122.jpgcm-00R1105125.jpg
この状態で 冷蔵庫で五日間ほど寝かします。
さて こちらが 館山の渚の駅で買った 極甘キャベツ サトウくん。あとは ローズマリー公園でも たまにあります。
st-00R1105468.jpgst-00R1105470.jpgst-00R1105472.jpgst-00R1105474.jpg

焼きやすいように 芯をつけたまま スイカカットにします。
st-00R1105476.jpgst-00R1105477.jpgst-00R1105478.jpg

こちらが 五日寝かした 蜂味噌ポーク。
st-00R1105481.jpgst-00R1105482.jpg

蜂味噌を 取り除きます。
st-00R1105483.jpgst-00R1105485.jpgst-00R1105484.jpgst-00R1105486.jpg

移動式囲炉裏テーブルに セッティングします。
st-00R1105488.jpgst-00R1105489.jpgst-00R1105491.jpgst-00R1105492.jpgst-00R1105494.jpgst-00R1105499.jpgst-00R1105501.jpgst-00R1105511.jpgst-00R1105507.jpgst-00R1105506.jpgst-00R1105508.jpgst-00R1105512.jpgst-00R1105515.jpgst-00R1105516.jpgst-00R1105517.jpgst-00R1105522.jpgst-00R1105525.jpgst-00R1105526.jpgst-00R1105528.jpgst-00R1105530.jpgst-00R1105531.jpgst-00R1105534.jpgst-00R1105535.jpgst-00R1105537.jpgst-00R1105536.jpgst-00R1105539.jpgst-00R1105540.jpgst-00R1105541.jpg
豚肉は あくまでやわらかく 中までしっとり蜂味噌味が浸み込んでいます。サトウ君は 芯がさらに甘うまです。
味噌なので 焦げ付きがすごいです。でも 安心ですよー。
st-00R1105543.jpgst-00R1105545.jpgst-00R1105546.jpgst-00R1105547.jpgst-00R1105549.jpg
お湯で流すと ここまで流れます。
さらに コテと 金属たわしで 綺麗に焦げが取れます。
st-00R1105551.jpgst-00R1105554.jpgst-00R1105555.jpgst-00R1105557.jpgst-00R1105556.jpg
はい お手入れ完成。表面はステンレスなので 油は引く必要はありません。