FC2ブログ

十年来の課題 LPガスボンベ台造り。

0mk-00R1101206.jpg

愉快堂を建てた時から 気になっていたのが LPガスボンベの設置。外壁と 細いチェーンでつないでいて 地震には役立たないだろうと。

今回 農機具小屋の解体にともない ガスボンベ台の強化をはかることに。
dg-00R1100596.jpgdg-00R1100604.jpg
こんな細いチェーンで繋がれています。今回改めて聞くと これは洪水などで流されないためのものだそうです。ボンベが半分に減っていると 洪水の時に浮いてしまい 倒れて流れるのを防ぐためで 地震のためではないそうです。
とは 云えども 地震対策もかねて 新しく土台と保持金具を作ることに。とりあえず 1メートルほど隣に移動。
dg-00R1100603.jpgmk-00R1101136.jpgmk-00R1101139.jpg
そして 基礎の穴を深めに掘ります。
穴には まず路盤材を。
mk-00R1101141.jpg
mk-00R1101222.jpgmk-00R1101223.jpg
路盤材の上に 余って放置されていた計量ブロックと その上に重量ブロックを積み重ねます。
ボンベは 満タンで100キロほど 日本で200キロ。基礎作りは およそ倍の400キロに耐える程度にガッチリ造ります。ここまでは 必要ないのですが 気持ちです。
mk-00R1101204.jpgmk-00R1101207.jpgmk-00R1101209.jpg
こちらは 延長ホースです。
仕上げに コンクリートを流し込みます。インスタントコンクリ―と云い 砂と小砂利があらかじめ混ざっています。
mk-00R1101224.jpgmk-00R1101225.jpgmk-00R1101230.jpgmk-00R1101277.jpgmk-00R1101282.jpg

まず 水を撒いて コンクリを流し込みます。コンクリは 濡れていないと 固まりません。
mk-00R1101283.jpgmk-00R1101288.jpgmk-00R1101289.jpgmk-00R1101390.jpg
コンクリは 固まるのに2日ほどかかります。
太い 工事現場用のチェーンを繋ぎました。
mk-00R1101604.jpgmk-00R1101605.jpgmk-00R1101606.jpgmk-00R1101992.jpg
そして ボンベを戻して チェーンでつなぎました。

mk-00R1101995.jpgmk-00R1101999.jpgmk-00R1102000.jpg
卍固めのようです。
隣の花壇では 水洗の花が一輪 咲き始めました。
mk-00R1102001.jpg
mk-00R1102003.jpg