FC2ブログ

ビリヤニを食べる会。仕込み

0hu-00R1084433.jpg

海の隣人と 久しぶりのビリヤニをいただくことに。今までは 一から作っていたんですが 今回はバックものを使いました。

今回作った パックものたち。ビリヤニキット 豆のスープセット レトルトカリーの三品。
hu-00R1084302.jpghu-00R1084303.jpghu-00R1084359.jpghu-00R1084361.jpghu-00R1084362.jpghu-00R1084363.jpg
ビリヤニキットには スパイスの効いたグレイビーソースと 長粒米が入っています。
大皿に ビリヤニを中心に いろんな印度料理の副菜を盛り合わせます。
hu-00R1084367.jpg

カリーは 定番のデリー カシミールカリー。湯煎するだけで そのまま使います。
hu-00R1084304.jpghu-00R1084310.jpg

麻布のキリン屋の 豆スープセットです。
hu-00R1084305.jpghu-00R1084308.jpghu-00R1084306.jpg

さて まずは 赤玉葱のピクルス。印度料理の アチャールです。
hu-00R1084325.jpghu-00R1084326.jpghu-00R1084328.jpghu-00R1084330.jpghu-00R1084333.jpghu-00R1084337.jpghu-00R1084341.jpg

お次は キリン屋の 豆スープを。
hu-00R1084338.jpghu-00R1084339.jpg

そして 鯖のスパイスクリル。
hu-00R1084329.jpghu-00R1084331.jpghu-00R1084343.jpghu-00R1084345.jpghu-00R1084346.jpghu-00R1084347.jpghu-00R1084350.jpghu-00R1084349.jpg

ビリヤニに入れる 塩糖水に漬けておいた 鶏モモ肉。さらに 仕上げに ヨーグルトから搾った 自家製ホエーに しばし漬け込みます。
hu-00R1084354.jpghu-00R1084353.jpghu-00R1084389.jpghu-00R1084391.jpg

水気を切って ビリヤニのソースで 軽く炒めます。
hu-00R1084394.jpghu-00R1084395.jpghu-00R1084398.jpghu-00R1084399.jpghu-00R1084401.jpghu-00R1084402.jpg

そして ビリヤニに欠かせない ライタ。ヨーグルトサラダです。クミンパウダー キビ糖 塩 故障に 胡瓜とトマトで。
hu-00R1084369.jpghu-00R1084370.jpghu-00R1084373.jpghu-00R1084372.jpghu-00R1084376.jpghu-00R1084377.jpghu-00R1084379.jpg

いよいよ ビリヤニの準備です。まずは 長粒米を 水に浸して その後 塩水で かるく茹でます。
hu-00R1084381.jpghu-00R1084382.jpghu-00R1084403.jpghu-00R1084383.jpghu-00R1084387.jpghu-00R1084407.jpghu-00R1084411.jpghu-00R1084414.jpghu-00R1084415.jpg

水分を切って 待機。このあと 土鍋に ビリヤニのいろんな材料を 少しずつ重ねて 十層くらいに仕込みます。
hu-00R1084421.jpghu-00R1084365.jpg
よくわからないので 整理しました。
ここから 重ねる食材たちです。畑ののスイートミントを みじん切りに。
hu-00R1084335.jpghu-00R1084419.jpghu-00R1084416.jpghu-00R1084418.jpg
ギーがないので バターで代用。
まず 最初の一層目に ソースで炒めた鶏肉を 土鍋の底に。
hu-00R1084423.jpghu-00R1084422.jpg

二層目は 湯煎した長粒米を。
hu-00R1084424.jpghu-00R1084425.jpg

三層目は ミント。
hu-00R1084426.jpghu-00R1084427.jpg

四層目は また鶏肉を。
hu-00R1084428.jpghu-00R1084429.jpg

五層目は 長粒米。六層目は バター。
hu-00R1084430.jpghu-00R1084431.jpg

七層目に 鶏肉。
hu-00R1084432.jpg

最後の 八層目には ミントを。
hu-00R1084433.jpg

最初は中火で その後弱火で。仕上げに むらしです。
hu-00R1084435.jpghu-00R1084440.jpghu-00R1084442.jpg

あとは 大皿に いろいろな副菜と一緒に 盛り合わせて完成です。
hu-00R1084446.jpg

最近 スパイスカリーで使われる 納豆も。
hu-00R1084438.jpghu-00R1084439.jpg

自家製の 煮スペアリブ
hu-00R1084443.jpghu-00R1084447.jpg

hu-00R1084448.jpg

人参と大根の ピクルス。
hu-00R1084449.jpg

はい むらし完了。ざっくりと混ぜます。パンも オーブンで温めます。
hu-00R1084453.jpghu-00R1084454.jpghu-00R1084451.jpghu-00R1084452.jpg
このあと 盛り付けて ビリヤニの宴の はじまりはじまり。