FC2ブログ

なんで 甘い平目なの。

0fw-00R1074475.jpg

潮風王国の利左エ門で 小ぶりな平目をゲット。旬である 冬の大平目 夏の小平目とは 旬が違うのですが これが旨かった。

七百グラムほどの 平目としては 小ぶりです。
fw-00R1074471.jpgfw-00R1074473.jpgfw-00R1074478.jpg

小さなうろこは 金ブラシでとります。
fw-00R1074480.jpgfw-00R1074479.jpgfw-00R1074483.jpgfw-00R1074486.jpg

五枚に卸します。平目は 北欧のサーモンナイフが 刃がしなっていちばん扱いやすいです。
fw-00R1074488.jpgfw-00R1074491.jpgfw-00R1074493.jpgfw-00R1074492.jpgfw-00R1074494.jpgfw-00R1074496.jpg
表 裏 腹 背中で 四つの柵に切り分けます。
中骨を切って アラと一緒に 出汁をとります。
fw-00R1074497.jpgfw-00R1074500.jpgfw-00R1074507.jpgfw-00R1074508.jpg

四つの柵を 昆布和えと 刺身に分けます。
fw-00R1074499.jpg

裏面の 背と腹身。
fw-00R1074504.jpg

表麺の 背と腹身。色味も 質感も違います。当然 味も。
fw-00R1074505.jpg
fw-00R1074501.jpg

両刃なので ポータブル刃研ぎで 研ぎます。
fw-00R1074513.jpgfw-00R1074514.jpg

こちらは 昆布和えに。
fw-00R1074509.jpgfw-00R1074511.jpgfw-00R1074516.jpg

昆布和えはきざみ昆布を 胡麻油と醤油で味付けし細切りヒラメを和えます。
fw-00R1074517.jpgfw-00R1074519.jpg

こちらは 刺身に。
fw-00R1074520.jpgfw-00R1074521.jpg

薄切りにして 大皿に盛り付けます。
fw-00R1074524.jpgfw-00R1074525.jpgfw-00R1074527.jpgfw-00R1074528.jpg

縁側も 少し。
fw-00R1074532.jpgfw-00R1074535.jpgfw-00R1074536.jpgfw-00R1074537.jpg

では いただきまーす。
fw-00R1074538.jpgfw-00R1074542.jpgfw-00R1074545.jpg

広島の亀齢といただきます。
fw-00R1074549.jpgfw-00R1074554.jpgfw-00R1074552.jpgfw-00R1074560.jpgfw-00R1074556.jpgfw-00R1074558.jpg
旬でもないのに 甘味がすごいです。今までの 平目の中で いちばんです。理由は分かりませんが とにかく驚きました。
アラでとった スープをいただきました。かなり 美味し。
fw-00R1074547.jpgfw-00R1074572.jpg
うまかったよ。