FC2ブログ

一人飯 極厚かつ皿。

0ni-00R1072477.jpg

一人飯の時にしか作れない 極厚かつ皿を作ります。南房には 普通に旨い かつ丼のお店がないですから 自分で作るしかありません。

スーパーおどやで 椿ポーク全品フェアをやっていたので 250グラムを一枚 カットしてもらいました。断面が狭いので 厚みは二センチほどでしようか。この原価で 食べられるといいですね。生パン粉も 必です。
ni-00R1072331.jpgni-00R1072330.jpgni-00R1072332.jpg

翌日 作るので 塩糖酒で 一晩寝かして 柔らかくします。
ni-00R1072333.jpgni-00R1072334.jpgni-00R1072337.jpgni-00R1072336.jpg

お昼は いずみや豆腐店の 木綿と薄揚げを。薄揚げは ほんとに昔の揚げ方で ぱりっぱりっで 揚げ煎餅みたいです。豆腐と 交互に食べると 熱つ冷や パリッふわっで いい感じです。
ni-00R1072428.jpgni-00R1072430.jpgni-00R1072431.jpgni-00R1072433.jpg

さて 翌日 一時間前に冷蔵庫から取り出して 常温に戻しておきます。
ni-00R1072434.jpgni-00R1072440.jpgni-00R1072449.jpg
縮まないように 脂と スジを 切っておきます。
味噌汁は 必なので 薄揚げと木綿豆腐の味噌汁を。
ni-00R1072438.jpg

もうひとつ 味変で 辛子を。久しぶりに からし粉で作ります。
ni-00R1072437.jpgni-00R1072446.jpgni-00R1072447.jpgni-00R1072448.jpg
水で煉ったら ひっくり返しておきます。子供のころの 役割でした。懐かしいですね。
さて 煮汁は つゆの素と 砂糖と 水で。日本酒を 入れ忘れました。
ni-00R1072443.jpg
ni-00R1072492.jpgni-00R1072498.jpg
今回は 玉葱でなく 太っとい長葱を ざっくりとカット。
さて 揚げますか。ここから 気合が入ります。
ni-00R1072450.jpg

小麦粉は まんべんなく 薄くまとわせて 余分な粉を丁寧に落とします。
ni-00R1072451.jpgni-00R1072452.jpgni-00R1072454.jpgni-00R1072453.jpg
生パン粉は あらかじめ よくほぐして そっと 強く たっぷりとまとわせます。
油は 最初140度の低温で じっくりと六割ほど熱を通します。
ni-00R1072456.jpgni-00R1072455.jpgni-00R1072458.jpg
ni-00R1072459.jpg
油は多めなんですが いかんせん極厚なので 底にかるくつきます。ゆっくりと 回しながら 焦げないように。途中で 一回裏返します。かつが油面から出ているところは 油をかけ回し続けて 均一に熱を通します。
かるいきっね色がついたら いったんパットに上げて 数分間 余熱を通します。ここで 鉄ピンを挿して 下唇で芯の温度を確認します。まだ ピンク色の状態ですね。

ここから 180度に温度を上げて 表面をこんがりといい色に揚げます。ほんの数分です。
ni-00R1072462.jpgni-00R1072463.jpgni-00R1072464.jpg
ここで さらに数分 余熱します。ここまでで 九割ほどでしょうか。
切ってみます。ここは いつも どきどきします。
ni-00R1072466.jpgni-00R1072468.jpgni-00R1072467.jpg
ほぼほぼ いいんじゃないでしようか。
使う盛皿は 焙烙皿で 瓦工房が作ったもので 直火でも使え 肉料理の盛り付けにぴったりです。今は もう作っていないようです。
ni-00R1072439.jpgni-00R1072470.jpg

卵 四個を使いました。
ni-00R1072471.jpgni-00R1072473.jpgni-00R1072475.jpgni-00R1072478.jpgni-00R1072476.jpgni-00R1072477.jpgni-00R1072480.jpgni-00R1072481.jpgni-00R1072483.jpgni-00R1072484.jpgni-00R1072485.jpgni-00R1072487.jpgni-00R1072491.jpg
うまかよーー。たべすぎたよーー。肉の量は 300 250 200グラムへと 徐々に減り続けそうです。